Little Story

HOME > Little Story > Iさん インタビュー

タイトル

現場のリーダーとして働く。
信頼されているからこそもっと成長したいと思う。

お仕事内容を教えてください。

生産業の現場で働いています。ここで働きはじめてから4年になりますが、現場からのスタートで、現在は管理職に就いています。具体的な仕事内容は、現場のリーダーとしてラインの統括やトラブルの対応、従業員スケジュールの管理といった現場作業から管理業務までトータルで任せていただいています。

やりがいやご自身の成長を感じる時を教えてください。

伊藤さん02

現在責任あるポジションにつけていることに自身の成長を感じられます。なかでもトラブルを自分で解決し、生産をスムーズに進められることができると、成長を実感しますね。今までの経験から状況を正しく判断することができるようになっていると改めて気づける瞬間なので。僕はできるだけ楽しく働きたいタイプですが、管理職として従業員に厳しく注意しなけばならない場合もあります。伝えるべきことをしっかりと伝え、メリハリのある職場の環境づくりを心がけています。
またわかりやすい成長部分で言うと、役職やお給料ですね。実際に努力が結果になって表れますから。その他にも上司に意見を聞かれたりすると職場の中でも頼られる立場になれているんだなと思います。実務に関しては、去年できなかった事ができるようになったり、今までのメモを読み返した時に当時と比べて随分できることも増えたなと感じますね。ただ僕自身まだまだ成長途中なのでこれからもっと成長できるように努めていきます。

リトルが導いてくれた今の自分。
その恩は一生懸命働くことで返していきたい。

伊藤さん03

リトルシーズサービスをご利用したきかっけを教えてください。

東京でしばらく働いていましたが、実家は福島なので両親の年齢を考え、自分が東京に出ていていいのかと心配もありました。福島へ帰る決断をした当時は、僕自身結婚を目の前にして「子どもは地元でのびのび育てたい!」と思ったのが決定打でしたね。ただ、なんにせよお仕事がなければ始まらないですから。いろいろと派遣会社を探していくなかで、リトルさんは自分の身内も利用していて、とても良いと聞いていたので期待を込めて登録しました。

実際利用してみていかがでしたか?

伊藤さん04

リトルさんには本当に感謝しています。実際、仕事を辞めて福島に戻り、良い仕事に就けるか当然不安もありました。しかしリトルさんはしっかり僕の要望に応えてくれましたから。僕の担当者さんが本当にいい方で、冗談を交えながらも熱心に僕の話を聞いてくれて、要望に合った今の職場を紹介してくれました。働き始めた後も、「慣れましたか?」「無理しないでくださいね。」と、ことあるごとに声を掛けてくれるんです。プライベートな事も相談できるくらい信頼していますし、心を開いています。以前、急遽どうしても会社を休まなければいけない事情ができてしまった時も、「あとはこちらでなんとかしますから!」としっかりと対応してくれたことも本当に感謝しています。担当者さん含め、リトルさんには足を向けて寝れないですよ(笑)!それくらい、僕の人生に大きな影響をもたらしてくれているという事なんです。 

Iさんにとってリトルとはどんな存在ですか?

伊藤さん05

そうですね、僕にとってリトルとは「戦友」です。スタートから一緒に走ってきて、今まで楽しいことも辛いことも、嬉しいことも悲しいことも、全て共に感じてきた仲間ですから。リトルさんなしでは現在の自分はないと思っています。本当に感謝してもしきれない思いです。今後、僕もなにかしらの形でリトルさんに恩返しがしたいと思っています。
僕自身が今の会社で長く働いて成果を残すこともその1つになると思うんです。「リトルさんから来た人はよく頑張っているな!」と思ってもらえれば、紹介したリトルさんの評価も上がるし、次にリトルさんから紹介されて入ってくる人にとって、良い環境作りにもなると思うんです。
自分が一生懸命働いて評価されれば、役職やお給料も上がっていきます。
そういった一例をつくることで、今福島で働こうか悩んでいる人や、未来のリトル生に「頑張れば自分もこうなれるんだ!」と夢を持って働いてもらえるよう頑張っていきたいと思います。

どうもありがとうございました。

一覧へ

Little Story